Tokuzeのコラム

デジタル、写真、オピニオンなど・・・。

スーパー林道天竜線の紅葉狩り(2014.11.3)

PB031143

平成26年11月3日(月)、文化の日です。
秋晴れの行楽日和です。ということで、カメラを持って紅葉狩りに出かけました。

11月初旬ということで、この時期に静岡県内で紅葉を見ることが出来る場所は限られています。
私が出かけたのは「スーパー林道天竜線」。
南アルプスの最南端の稜線を走る全長約53kmの林道です。
今回は、林道のほぼ真ん中にある「天竜の森」をマイカーで目指します。

船明ダムのダム湖を左に眺めながら国道152号を北上し、途中、右折して雲名橋を渡るといよいよスーパー林道に突入です。
くねくねと狭い林道を上っていくと右に秋葉神社上社の駐車場が現れてきますが、このあたりまでは杉林ばかりで紅葉を見ることが出来ません。もっとも紅葉する木々があったとしても、まだ早いのでしょうけどね。

秋葉神社第2、第3駐車場、林道久保田線、林道阿字山線の分岐を通り過ぎて、北上していくと少しずつ紅葉している木々が現れてきました。
そして「賽の河原」という場所(ここは地獄?)を通り過ぎて、しばらく行くと右手のガードレール越しに遠くの山々を望むことが出来る場所がありました。
手前の眼下には、こんな光景が。
PB031036

PB031141

このあたりから、いよいよ紅葉ゾーンに突入です。
といっても、ここの山々は全山が紅葉するような景色ではありません。
緑の中に紅葉があるという感じなのですが、それはそれで風情があった良い感じなのです。

PB031047

林道脇のところどころで紅葉を見ることが出来ました。

PB031090

赤と黄色です。

PB031130

PB031134

紅葉した木々が青空に映えるのでした。

PB031092

PB031095

途中で、何度も車を止めて写真を撮りながら北上していくと、左手に林間にベンチやテーブルが配置された公園のような場所が見えてきました。

「天竜の森」です。
ここからもう少し北上すると大きな駐車場がありました。
この「中央駐車場」が今回の目的地です。到着です。

PB031101

午前11時半で気温が10度。風が強いため体感的にはもっと寒い感じです。
駐車場でコンビニで買ってきたおにぎりを食べました。少し早い昼食です。
休日ですから、周りの駐車スペースにも多くの車が止まっていました。

昼食後、駐車場の周りの森を散策しました。

PB031097

PB031098

ここの標高は1,000mを超えていますから、やはり季節の進行が早いようです。
既に落葉している木々が多く、紅葉の見頃のピークは過ぎていました。

森の歩道はご覧のとおり。落ち葉が一面に敷きつめられていました。

PB031108

PB031111

でも落ち葉のマットの上をサクサクと音を立てながら歩くのもなかなか乙なものです。
履き慣れたホーキンスの靴も滅多にこんな経験はしていませんから、とっても喜んでいるようです。(そんな気がします。)

しばらく森を散策して、再び駐車場へ。
駐車場の正面には、こんな素敵な光景が広がっているのでした。
(愛知県や岐阜県方面?!)

PB031120

林道の終点近くの山住神社まで行くことも考えたのですが、今回はここまでとしました。
もう1週間ほど早く来ても良かったのかもしれません。
遠くの山々を眺めながら、大きく深呼吸して日頃の疲れを癒したのでした。

PB031124

紅葉と言えば、京都のお寺や神社の境内や周辺の燃えるような紅葉をイメージしますが、こんな感じの紅葉もあり!ですよね。

白川郷の秋

合掌造り集落で有名な岐阜県の白川郷。
世界遺産にも登録されており、日本だけではなく世界から多くの観光客が訪れます。

今回は初秋の白川郷の様子を写真でご紹介します。
それでは御覧ください。
R0000086a
R0000087
R0000091a
R0000070
R0000112
R0000100
R0000094

稲刈りが終わり、初秋の陽射しを浴びた合掌造りの里は、日本の原風景のようで眺めているだけで気持ちがゆったりとしてきます。

雪に埋もれた冬の白川郷も素敵ですが、他の季節も素敵なのでした。
みんなで白川郷にGO! 
R0000136a
R0000123
 

失意と至福の奥三河(国道257号 至福編)

(前回の続きです。)

芝桜を見ることが出来ずに失意の思いで茶臼山高原を後にしたのですが、気分を変えるために帰りのルートを行きの国道151号から国道257号に変更して帰宅することとしました。
まずは茶臼山から設楽町の道の駅「アグリステーションなぐら」へ向かいます。

「アグリステーションなぐら」へ向かう街道は、カーブが続く道なのですが、水仙の花が道路脇に見事に咲いていました。
茶臼山高原には芝桜だけではなく他の花もほとんどない3月の初め頃のような状況だったので、道路脇の水仙やところどころに咲いているミヤマツツジが目を楽しませてくれます。

そして、道の駅を経由して国道257号に入りました。
しばらく走ると道路と平行して流れている川向こうに多数の鯉のぼりが泳いでいるのを見つけました。
P4298471a

思わず、道路脇の空き地に車を止めて鯉のぼりの観賞です。
近くに農作業をしているおじさんがいたので聞いてみると、どうやら保育園の鯉のぼりのようです。

P4298475a
▲Photo by Tokuze

4月の薫風(新緑の間を吹いてくる快い風)に泳ぐ鯉のぼりが気持ちよさそうです。
茶臼山とは季節感が違います。今日は気温が高く季節はほとんど初夏ですね。
田植えの為に水を張り始めた田んぼの向こうに泳ぐ鯉のぼりを見ていると心が和んでくるのが分かります。

そして、更に私たちの心を癒してくれたのが、沿線の見事なしだれ桃(花桃)なのでした。

P4298478a
▲Photo by Tokuze

道路沿いに車を止めて花桃を観賞をしている多くの方々に出会いました。

愛知県の奥三河、国道257号線沿いでは、こんな風に花桃(しだれ桃)が見事に満開を迎えているのでした。
それでは、そんな素敵なしだれ桃の写真をご覧ください。

P4298488a
▲Photo by Tokuze

P4298489a
▲Photo by Tokuze

P4298483a
▲Photo by Tokuze

P4298490a
▲Photo by Tokuze

しだれ桃の写真、いかがでしたでしょうか?
奥三河の国道257号の沿線の民家の軒先や畑などにこのような素敵な光景を見ることが出来ます。
それにしても見事ですよね。
管理されている地域の皆さんに感謝です。

目的の「芝桜」は見ることが出来なかったのですが、その代わりに思いがけずに見事な「しだれ桃」を思いがけずに見ることが出来て、素敵な至福の時間を過ごすことが出来たのでした。

「しだれ桃」を観賞した後は、国道257号から国道473号に入って東栄町に抜け、鳳来峡ICから三遠南信自動車道に入り新東名を使って帰宅です。
国道473号は、三桁国道の常で道幅も狭くカーブが多かったのですが、山の斜面に新緑が映えてとても素敵な光景を見せてくれたのでした。

P4298507a
▲Photo by Tokuze

家人が楽しみにしていた新東名の浜松SAは駐車場が満車で、SAに入るための車が本線近くまで渋滞となっていたので、残念ながらそのままスルーをしました。

「行くのがもう少し遅かったなら、しだれ桃を見ることが出来なかった筈だから、ちょうど良い時期に行ったんじゃないの。芝桜と新東名のSAは、また次回に行きましょう。」とは、帰宅後の家人の感想です。

<今回のドライブの教訓>
・予備知識がないままに思いがけずに素敵な光景に出会うことは、感動を倍増します。
・でも、事前の下調べはとても大事なのです。

皆さんもGWのドライブを楽しんでください。
そして昨日にはバスの事故で多数の死傷者が出ましたが、くれぐれも事故には気を付けて運転しましょう。

失意と至福の奥三河(茶臼山高原 失意編)

GWに突入です。
せっかくの連休ですから、日頃の仕事の疲れを癒しながらゆっくりのんびりと家でグダグダして過ごそうと思っていたのですが、そんな自分を赦してくれないのがやはり家人です。
家人はGWに関係なく仕事があって土日しか休みがありませんから、どうしてもこのタイミングで行楽に出かけたいようです。

家人が申すには山梨県の本栖湖の芝桜が見頃の様だから行ってみたいとのこと。
「う~ん、本栖湖は少し遠いなあ!」と別の場所を検討して思い浮かんだのが愛知県と長野県境にある茶臼山高原の芝桜です。
新東名高速道路が4月に開通しましたし、その1ヶ月前には三遠南信自動車道が「いなさ北IC」から「鳳来峡IC」まで開通していますから、浜松から茶臼山高原への時間もかなり短縮された筈です。

ということで新東名と三遠南信自動車道を利用して茶臼山高原へ芝桜を見に行こうと提案したところ、幸いなことにすぐに同意を得ることが出来たのでした。
そして帰りには新東名の浜松SAへも寄りたいとのこと。
新東名のSAやPAのフードコートの紹介番組が県内では何度も流されていますから、どうやら目的の買い物があるようですね。

我ながら見事な提案だったと自己満足です。
茶臼山の芝桜は写真でしか見たことがありませんが、その素晴らしい光景にいつかは行ってみたいと思っていたのでした。

食事は茶臼山高原で食べることにして、朝9時半過ぎにマイカーでいそいそと出発です。
新東名も三遠南信自動車道もGWと思えぬほど空いていて、スムースに鳳来峡ICから国道151号に入りました。
後は北上をするだけです。

鳳来から東栄町に入ると沿線の民家の庭に素敵な芝桜を見ることが出来ました。良い感じですね。期待が高まっていきます。

しばらく国道151号を走って、道の駅「豊根 グリーンポート宮嶋」で休憩です。

IMG_5490

道の駅の前のテントでは、五平餅が焼かれて香ばしい匂いを辺りに漂わせていました。
五平餅は家人の大好物ですから、すぐに購入です。

そこで五平餅を焼いていたおばちゃんに何気なく芝桜の様子を聞いてみると・・・
なんと!
 なんと!
  なんと!
芝桜は、今はまだ全く咲いていないとのこと。

「この前、テレビでGWには八分咲きになっているなんて誤った情報を流したから、芝桜が見られると思ってたくさんの人が来ちゃうんだよね。困っちゃうんだよね。」

どうやらそのような情報がテレビで流れてしまい、私たちもその情報を見てから来てしまったと勘違いをしているようです。

「茶臼山には先週まで雪があったんだからね。芝桜が咲くのはまだずっと先だよ。」と追い打ちをかけるような言葉が・・・。

う~ん、なんてことでしょう。五平餅を食べていた家人が驚いてこちらを見ています。
本栖湖の芝桜が見頃という情報から、茶臼山高原でも見頃なんだろうと安易に考えてしまった自分が軽率でした。反省です。

家人にどうしようと恐る恐る相談をしてみると、せっかくここまで来たのだから、そのまま予定どおりに行きましょう!との女神のようなご託宣が・・・。

「もしかしたら少しは咲いているかもしれないよね!」などと気休めを言いながら、気を取り直して出発しました。

そして11時過ぎに茶臼山高原に到着です。
P4298432

そして、目的の「芝桜の丘」を目指しました。
「芝桜の丘」にはリフトを利用して昇っていきます。

P4298434

茶臼山高原のリフトを降りた場所には、見事に満開になった芝桜の看板が立っているのでした。

P4298441a

しかし、目の前に広がっている「芝桜の丘」の衝撃の光景はこんな感じです。

P4298447a

景色はとても素敵なのですが、芝桜は全く咲いていません。道の駅のおばちゃんが言ったとおりです。
道の駅の情報は確度が高いということが実証されました。

「芝桜の丘」には、どうやらこれから苗の植え付け作業を行うようです。
その証拠に帰りのリフトで芝桜の苗が段ボールで山のように積まれているのを発見しました。

P4298467

さすがに家人は我慢強くて、「高原の気持ちの良い空気を吸うことが出来て良かったね!」などと、逆に慰められてしまった自分なのですが、ネットなどで事前情報を調べておけば良かったとしきりと反省をした失意の茶臼山高原なのでした。(至福編に続く!)

(追記)
茶臼山高原のレストランで食べた「担々麺」と、売店で買ったヨーグルトは美味しかったですよ!
オススメです。
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ